自己回復力に頼りつつ食生活を見直そう|猫の肝臓病を改善する方法

ドーベルマンに似た姿

飼い主とペット

気の強い性格

ミニチュアピンシャーは、小さなドーベルマンと呼ばれることもあるように、姿がドーベルマンによく似ています。しかし、ドーベルマンの派生種というわけではありません。ミニチュアピンシャーは小型犬に分類され、体高と体長はほぼ同じくらいのスクエア型をしています。手足は細く、筋肉質な体つきをしており、毛は短めです。シングルコートのため、お手入れは楽な方といえます。ただ皮下脂肪が少なく寒さに弱いので、冬は服を着せてやるとよいでしょう。歩き方に特徴があり、前足を高くあげる優美な歩き方をします。ミニチュアピンシャーの性格は気の強さが特徴です。小さいながらも、番犬や警備犬として使われることもあり、非常に活発で好奇心旺盛です。優美な見た目や雰囲気とは裏腹の気の強さに魅了される人も少なくありません。小型犬ですが、運動量が多いため散歩は毎日、一時間ほどしてもよいでしょう。ジャンプ力もあるので、芸を仕込むことやドッグスポーツなどもできます。ミニチュアピンシャーは大きくて薄い立ち耳が特徴的ですが、耳の端が切れて壊死してしまう病気になることがあります。血行不良が原因なので、寒い季節は注意してやらねばなりません。フードやパーカーなどで保護してやったり、保湿クリームを塗ってやったりするとよいでしょう。また、手足が細いので、太りすぎたり高いところから飛び降りたりすると骨折するおそれがあります。太りすぎに注意するのはもちろんのこと、ドッグスポーツのときなども注意して見ていましょう。