自己回復力に頼りつつ食生活を見直そう|猫の肝臓病を改善する方法

犬

大型犬のしつけ

ゴールデンレトリバーは大変優秀な犬種として慕われています。その能力を活用し、しつけを行うことは飼い主さんの責任です。しつけの際はゴールデンレトリバーの性格や性質を踏まえ、工夫して行うことで、スムーズにしつけが進められます。

飼い主とペット

ドーベルマンに似た姿

ドーベルマンにも似ていることから、小さなドーベルマンとも呼ばれているのがミニチュアピンシャーです。筋肉質な体つきではありますが、手足が細いという特徴があります。また、毛が短いため、簡単に手入れを行なうことが出来ます。しかし、耳の血行不良や、足の細さからくる骨折の危険性などに注意が必要である。

全身に影響が出る内臓疾患

猫

主原因は食生活

猫の肝臓は身体の中で最も大きな臓器で、さまざまな働きを持っています。代表的なのは、代謝と解毒です。代謝とは摂取された各種の栄養素を蓄え、吸収しやすい形に変えて身体各部に送り出すことをいいます。一方の解毒は、外から入ってきたり体内で合成された有害物質を無害化し、老廃物として排出する働きです。こうした働きを持つ肝臓の機能にもし故障が発生すると、全身の健康に重大な影響が及びます。これは人間でも猫でも同じです。猫の肝臓病は、いくつかの原因で起こります。そのうち最も多いのが食生活です。食べ過ぎや脂肪の摂り過ぎは代謝能力に負担をかけ、機能低下を招きます。次に多いのが、細菌やウイルスへの感染です。腹膜炎・胆管炎などの感染症と関連して発症する例が目立ちます。また、先天的な異常によって十分な血液が届かないことで、肝臓病になるケースもあります。猫の肝臓病は病状がかなり進行するまで症状が出にくいという特徴があるので、普段から様子に気をつけておく必要があります。食欲不振や下痢、お腹が膨れる、おしっこの色が濃くなるなどの変化があらわれた時は、すみやかに獣医の診断を仰ぐようにします。肝臓病の治療は、栄養療法が中心となります。肝臓は自己回復力の強い臓器なので、食生活に気を配って負担をかけないようにすれば、快方に向かうことがあります。具体的には脂質・糖質・タンパク質・ナトリウムなどの摂取量をコントロールしながら食事を与えることになりますが、その調整方法は症状によって異なるため、獣医の指示に従うようにします。自己回復力に頼りつつ食生活を見直しましょう。

ドッグ

優雅で可愛い小型犬

家族が大好きなとても甘えん坊で活発なパピヨンとは、一緒に人生を楽しく過ごすことが出来ます。頭が良いのでしっかりしつけをすれば小さい子供とも優しく遊べる事もありますので、家族にとって頼もしい存在にもなります。その可愛い姿に毎日癒され、元気を貰える家族の一員になってくれることでしょう。